【緊急速報】Windows10強制アップデートを発表。

2020年11月18日 0 投稿者: 智優

Microsoftは、「Windows 10 バージョン1903」のサポートを2020年12月9日で終了すると発表しました。

それ以降、バージョン1903のバグ修正は行われず、サポートチケットも受け付けられなくなります。

そのかわり、MicrosoftはWindowsを強制的にアップデートをする予定です。これはかなり強硬な措置であり、ユーザー側には選択の余地はありません。

すべてのPCが最新バージョンのWinodowsを実行できるわけではないので、すべて一律にアップデートするわけにはいきません。

ですが、MicrosoftはすべてのPCが、最低でもバージョン1909にアップデートされることを望んでいます。

バージョン1909は2021年5月にサポートが終了しますので、しばらく猶予を与えるということなのではないでしょうか。

古いバージョンのWindowsを実行しているなら、望まなくても、まもなく自動的に強制アップデートが行われることになります。

Microsoftがすべてのユーザーの足並みを揃えたいと望んでいる以上、Windowsユーザーはこうした強制アップデートに慣れていくしかありません。

タイミングが悪いときにポプアップ画面が表示されWindowsのアップデートを先延ばししているなら、この機会にアップデートしましょう。